梶川弘徳

CFY代表取締役CEO/Bequeath代表/ギネス世界記録 Largest kimono collectionを保有/カッコいい日本文化が好き/トライアスロンIronmanの特訓中/経営者として、マーケターとして、Ironmanを目指す者として「きものではたらく社長のBlog」配信中

TOP>経営者>Adobe Premiere Proを学んでみる

Adobe Premiere Proを学んでみる

2021-12-03
私、動画編集アプリの『Adobe Premiere Pro』を学んで動画編集を自分で出来るようになりたいと思います。これからブログやSNSで配信する情報やプレスリリースの記事に動画を取り入れていこうと思っており、その動画を自分で制作したいというのが理由です。これまで、動画を制作する時は社内のクリエイターにお願いしていたのですが、思いついた時にすぐに制作出来て、かつ自分の思考をしっかりと入れた動画にしたいと思うようになり、それならばAdobe Premiere Proを学んで動画編集を自分でも出来るようになろうと考えました。また、家族からのニーズが増えたのも理由のひとつでもあります。妻が家族行事の動画に音楽やテロップを入れて欲しいと言い出したり、子供がゲーム実況のYouTube配信やMildom配信を始めたいと言い出したり、無理難題のニーズに対応していく羽目にもなりそうです。いずれにしても、仕事や生活のいろいろな場面において、ますます動画が身近になってきたような気がします。


これまで動画編集アプリのAdobe Premiere Proは難しいし値段も高いというイメージがありました。不安を抱えつついろいろ調べたり、人に聞いたりしてみたところ『初心者でもすぐに慣れる』ということが分かりまずは一安心。次に、ソフト購入の価格についての不安。早速AdobeのWebサイトを開いてみると「12月3日まで最大36%OFF! Cyber Mondayセール」というものを開催していました。Creative Cloudコンプリートプランは20以上ものCreative Cloudアプリが使えて36%OFFの月額3,960円というキャンペーンを開催中。これは単体でCreative Cloudアプリを購入していくよりは確かにお得ではあります。『12月3日まで』というメッセージに煽られて、登録完了。


コロナ禍を経て動画の活用が進み、仕事や生活のなかで動画に触れることが多くなりました。『動画は視聴するもの』という認識から『動画は活用するもの』という認識に変わってきたようにも思います。動画編集アプリも安くて簡単になってきており、利用する人が増えてきているのではないかと感じます。Adobeのプランには「学生・教職員は65%以上OFF」というものもあり、幅広い方に利用して頂きたいという意思が見えます。私も、「安くて簡単」というAdobeの戦略にハマりました笑。動機はさておき、新しく何かを学ぶときは継続する難しさがあります。しっかりと継続して、スキルを身に付けれらるようにコツコツと頑張っていきたと思います。HIRONORI KAJIKAWA