梶川弘徳

CFY代表取締役CEO/Bequeath代表/ギネス世界記録 Largest kimono collectionを保有/カッコいい日本文化が好き/トライアスロンIronmanの特訓中/経営者として、マーケターとして、Ironmanを目指す者として「きものではたらく社長のBlog」配信中

TOP>経営者>第12期経営計画発表会

第12期経営計画発表会

2020-10-30
本日は、第12期経営計画発表会を開催します。コロナ禍ということもあり、拠点間のリモート開催も検討しましたが、十分に対策を行い従来通りの形で開催することにしました。会社として重要な方針をしっかりと共有するためには、やはり同じ場所で、生の声で、伝えあうことを大切にしたいという判断です。



今期は「コロナ禍での成長」という難しい経営となります。コロナ禍で成長を実現するための経営戦略や利益目標は、お客様第一理念のもと、各部門の経営幹部がしっかりと考えて策定し発表してくれるので、私は経営方針を発表します。今期は、新たな拠点を含めた組織改編が行われ、また、1年間かけて策定した新しい人事制度が導入されます。「人の力を信じる」今期の私の想いはそれにつきます。会社は人が全て。人の力が会社を大きくしてくれます。チャレンジとチャンスが詰まった組織改編、公正で明確な人事制度。働く人が意欲的に楽しく働けるように会社経営をする、それが私の経営方針です。しっかりとその想いを伝えようと思います。



また、今回は中期経営計画(12期~14期)も策定したのでそれも発表します。新型コロナウイルスで世の中が様変わりして、想定外の出来事が経営に大きく影響を及ぼしました。しかし、コロナ禍を経験したことで将来的に発生し得るリスクを想定して予めリソースを分配して、万一の事態に備えて置くことの重要性に気付くことも出来ました。海図のような役割を果たす中期経営計画は、想定外の事態も含めて柔軟な経営をするために必要だと感じています。今回は、中期経営計画として「未来共創プロジェクト」というものを策定しました。これから3年間かけて「未来共創モデル」というものを作り上げます。そこには、人の力がたくさん詰められていきます。そして未来が作られていきます。「共創で開く、みんなの未来」しっかりとその中期経営計画を伝えようと思います。HIRONORI KAJIKAWA
















https://ping.blogmura.com/xmlrpc/2v0vhfsym3ht/
http://blog.with2.net/ping.php/2027653/1578736001